自分でできる蛇口交換

2月 7th 2012 · Read More · No Comments

蛇口交換は意外と簡単なものです。交換方法さえ分かっていれば、男性はもちろんのこと、女性の力でも簡単に蛇口交換をすることができます。ひとことで言えば蛇口交換は水道工事ですので、ガス漏れといったような危険なことはありません。蛇口工事をする場合は、いくつかの理由があると思います。代表的なものが、栓をしめても水滴が垂れるといった理由が多いものと思われます。長期間使用していると、消耗や劣化が起きてくるので蛇口交換の必要があります。

蛇口交換をする場合は、ホームセンターに必要な道具を買い揃えに行くことから始めます。新しい水栓とシールテープを購入する必要があります。また、スパナは蛇口を取り外すときに便利ですので、所有していなければ購入しておくと便利です。蛇口交換するときは水道の元栓をしめるところが第一段階です。これを怠ると散水してしまいます。水道の水が止まってから、蛇口を取り外します。スパナを用いることで比較的簡単に蛇口を取り外すことができます。

新しい蛇口のネジ部分にシールテープを巻きつけます。シールテープは何重にも巻きつけることが理想的です。シールテープを巻きつける量は、ネジの結合具合で決定します。新しい蛇口を取り付ける際は、力づくで取り付けないことが重要です。ネジの噛み合わせが悪くなってしまう恐れがあるからです。そして、蛇口の角度を調整します。蛇口の捻る部分が傾いていないか確認します。これで水道の元栓を緩めます。蛇口の周りから水漏れが起きていないか確認して異常がなければ完了です。蛇口交換は意外と簡単にできます。

Share on Facebook

ライフラインの一部でもある蛇口に問題があれば、ためらうことなく蛇口交換や修理をすべきです

2月 5th 2012 · Read More · No Comments

ポタポタと蛇口のところどころから水が漏れてしまうことは、間々あることです。どの部分が問題なのかは、その状況によって一概には、言い切れませんが、しっかりとツマミのハンドルを閉めたはずなのに、先端から一滴ずつ水が滴り落ちてしまうケースもありますし、握るハンドルの傍から水が染み出す場合もあります。いずれにしても、古くなって劣化や磨耗も激しい状態ならば、完全に蛇口交換をしてしまえば、そのようなことは治まります。

放置していても、しばらくは大丈夫だろうと、たかをくくっていると、水浸しという大変な事態にも発展しかねませんので、蛇口交換や修理は、緊急で絶対不可欠です。水漏れトラブルを防ぐという意味のほかにも、微量な水滴の滴りでも、昼夜を問わずそのままにしておけば、水道代として跳ね返ってきてしまいますから、出来るだけ早いうちの蛇口交換が、家計にもやさしいということを思い出すべきです。勿論、水自体も貴重であることは、云うに及びません。

また、栓の閉まりの悪い混合栓等も、破損している可能性も否定は出来ませんので、水道修理業者に、直接見てもらうのが先決です。水周りのトラブルは、あらかじめそうならないような回避策も心得ておかなければなりませんし、生活に直結した大切なライフラインの一部ですから、蛇口交換の必要性も、普段から気に掛けておくのも当然です。そうした修理交換は、業者も緊急対応をしてくれますので、自分では手に負えないと感じたら、ためらいなく修理や蛇口交換を依頼すべきです。

Share on Facebook

蛇口交換が、自分でできたらイイと思う

2月 3rd 2012 · Read More · No Comments

いざ、急に水漏れがしたら、蛇口交換するため専門の業者に頼みたいところですが、事前に知っておくだけで対処しやすくなります。水道の蛇口を閉めたのに、水が蛇口からポタポタ漏れてくる原因の一つが、パッキンやケレップ(コマ)の傷みから水漏れしている可能性があります。この部品はホームセンターや通販でも購入することができます。専用工具が必要となりますが、代用できるものもあり自分で蛇口部品の交換ができます。注意したいのは、作業前に必ず止水栓を止めてから行いましょう。

良くあるもう一つの水漏れが、ハンドルナットから水がしたたる時ですが、これは水栓ハンドル内パッキンが、傷んでいる可能性があります。パッキンサイズは、2種類あり13(1/2)と20(3/4)用ですが、一般家庭でよく使用されているのは、13(1/2)用です。これも時々見る光景ですが、蛇口取り付け部から水漏れしている場合、シール部分を交換してみると良いでしょう。作業がすべて終了したら、止水栓を開けて水漏れがないか確認し、もし水漏れがする時は、同じ手順でやり直しましょう。蛇口部品交換ができると、蛇口交換にも挑戦したくなりますね。

蛇口部品交換をしても水漏れが直らない時は、蛇口本体が悪い可能性があります。なので、蛇口交換を再度試みるか、専門業者にお願いしましょう。しかし、どこの業者にしたらいいのか迷いますので、何社か見積もりしてもらうと良いでしょう。この他、修理ではないDIYとしてハンドルをレバーに変えて使いやすくしたり、シャワーヘッドを水圧調節機能や浄水ヘッドに交換して、マッサージ気分でリラックスしてみるのも良いのではないでしょうか。シャワーヘッド交換は、付属のアダプターがついており、工具なしで簡単取り付けできます。

Share on Facebook

キッチンの蛇口交換で丸一日

1月 31st 2012 · Read More · No Comments

昨年の春から秋にかけて、ぼくの住んでいるマンションで大規模な給水管の取替え工事がおこなわれました。この工事は事前の準備期間を含めると、2年にわたる長いものでした。管理組合で説明会が何度となく開かれ、実際の工事までにあらかたが定まってからさらに、自分の家の順番が回ってくるのを半年近く待ちましたから、思い返すと本当に長かったです。ぼくらの家はほかの部屋と少し形が変わっているためやや手間がかかり、工事自体も丸4日間かかりました。

厄介だったのが、キッチンの蛇口交換です。これを機会にそれまでの古いタイプの蛇口から、新しいタイプに換えてもらったんです。蛇口交換そのものはうまくいったものの、それまでと大きさがかなり変わったため、新しい蛇口から壁のうしろにつながっていく配管の太さが合わず、キッチンの壁を削って穴を広げることになりました。特殊なドリルで穴を開けるのにものすごい音が響き、部屋には粉塵があがります。外に出ようと思っても、工事の決まりで家の人間が誰かしら立ち会っていなくてはなりません。

なれない大きな音と粉塵に、ぼくが辟易していたら、工事の人が察していろいろ気を使ってくれました。本来はなかったはずの作業なので、工事の人もなかなか大変だったはずです。この工事を担当した建設業者さんは、最初の頃からていねいな対応で住民に評判がよく、ぼくの家でも許可を得ない限り家の物には一切さわらないなど、徹底していて信頼が置けました。結局、蛇口交換だけに1日使い果たしてしまいましたが、キッチンの壁は以前と変わりない状態に戻り、もちろん蛇口の操作も問題なくできて、ホッとしたものでした。

Share on Facebook

  • 最近の投稿